サービス案内

SEO(検索エンジン最適化)の確保

Web標準に準拠したサイトはウェブの標準化団体であるW3Cが定めている文法仕様に基づいたサイト構築を行っています。
そしてそれはSEOを行う上で重要な要素です。

文書構造であるHTMLで正確にページの論理構造化を行い、視覚構造であるCSSではデザインなどを表現し、HTMLの構造は論文のように情報が整理された状態となります。(図1)

図1

検索エンジンはこのように情報が整理された文書を評価するため、Web標準に準拠したサイト構築はSEOにおいて重要な要素だと言えるでしょう。

ページトップ

HTMLファイル転送量の軽減

HTMLファイルとCSSファイルを分割して制作する事でテーブルレイアウトのHTMLファイルと違い、ファイル全体の容量を抑える事が出来ます。
容量を抑える事でサーバーへの転送量を少なくし、ブラウザでのサイト表示速度も向上させる事が可能です。

ページトップ

アクセシビリティの確保

アクセシビリティとはWebページについての「利用しやすさ」と言えます。
弱視や老眼の方には見やすい事が、手や腕に障害をお持ちの方にはキーボードだけでも利用可能な構築を心がける事が重要です。
「Web標準=アクセシビリティ」ではないですが、最低限のアクセシビリティを確保し、より高度なアクセシビリティの確保への足がかりとする事が出来ます。

ページトップ

メンテナンス性、柔軟性の向上

Web標準に沿ったサイトは更新やリニューアルといったメンテナンス性に非常に優れています。

これまでのホームページの多くがテーブルレイアウトと言ったHTMLのみでの入り組んだコーディングを多用しているため、一部分だけを更新しようとした場合でもページ全体を修正しなければならないケースが多々ありました。
Web標準に沿ったサイトでは基本的なHTMLの知識のみでも簡単に更新する事が出来ます。これにより、コストの削減につながります。

Web標準に沿うサイトはCSSによってデザインを、文書構造がHTMLを制御しているので、デザインを一括で変更したり、ページの一部のHTMLを他ページにそのまま流用することも容易です。
CSSの修正と画像の修正のみでリニューアルや更新に対応することができ、柔軟性・コストパフォーマンスが非常に高くなります。

ページトップ
Copyright © MH-Behind All Rights Reserved.